志樹学院の教育理念


一人ひとりの個性に応じた教育を提供することで、未来に向かって邁進する力強い意志を引き出し、育みます。


「学習個性式」という教育理念の具現化


「学習個性式」の開発過程では、合計で600人もの指導実績を持つ現役講師陣、ベテラン学習塾経営者、志樹学院の塾長および指導経験豊富な講師陣が実際にカイズを使って保護者面談と授業を行い、フィードバックと改善を繰り返しました。

  1. 子どもの学習個性を理解し、尊重します。
  2. 保護者さまと一緒に成績向上に取り組みます。
  3. 講師と生徒の指導方針を共有します。
  4. 学習スタイルに合わせた指導を提供します。

指導方針


 子どもの成績を伸ばすには、

  1. 子どもの学習方法の個性を理解する
  2. 子どもの得意な勉強方法で講師が指導する
  3. 指導を受けた子ども自らが取り組む習慣化

が必要であると考えています。

 

志樹学院は、上記に対応して、

  1. 学習個性式「カイズ」による子どもの学習スタイル別の指導方法を実践しています。
  2. 講師が指導方針を共有することで、子どもに合った質の高い指導を提供します。
  3. 生徒指導の経験豊富な教室長のコーチングによる子どもへの動機づけを行います。

 


志樹学院指導の特徴


(1)お子様に合った授業カリキュラム

志樹学院では、志望校(私立/公立)、現在の学力、部活や学校行事を踏まえた上で一人ひとりの状況にあった個別カリキュラムを立てていきます。ですから、利用するテキストも生徒に応じて変わります。
一人ひとりに合わせたオーダーメードカリキュラムで、予習と苦手単元の遡行学習を提供し、お子様の目標をしっかりと支えます。

 

(2)集団にはない指導スタイル
志樹学院の指導は、 原則、講師1人に生徒が2人の1:2のスタイルです。講師全員がお子様の学習個性に応じた指導を提供していきます。また、単に一方的に指導するのではな く、コミュニケーションをとり、生徒一人ひとりに考える力を身につけてもらう授業を行っています。緊張感をもって演習を解くことで本番に発揮できる実力を 養います。

 

(3)勉強習慣定着のサポート
志樹学院の自習スペースは、いつでも利用が可能です。授業のない日も自由に使うことができます。自宅では何かと誘惑が多いですが、当塾の自習スペースであれば勉強以外の誘惑がないため集中して勉強に取り組めます。

また、学んだことを忘れないようにするために、宿題の提出期限を早めることで、『習ったらすぐ復習』を実現しています。

 

(4)定期考査対策

志樹学院は、定期考査対策として2週間前から土日に勉強会を開催します。勉強会では受講科目以外の科目についても対応しており、5科目での得点アップを図ります。

 

(5)学び合いを活かした指導

志樹学院では、個別指導だけでなく、生徒たちが共に学び合い・教え合うことも実践しています。いざ人に教えてみると、よく理解していないことが浮き彫りになり、改めてしっかり理解しようとするきっかけになり、より深い習熟へとつながります。